仏事‐常識と非常識

「坊主まる儲け」という言葉があります。例えば、なぜお葬式は僧侶を呼ばなければいけないのか。戒名とは何か。値段は、どうして決まるのか。実はこれらは皆、皆様方が仏教についての基礎知識を学ぶだけですぐ分かるものです。一人一人が仏教の常識を学び賢明になった時、僧侶と檀家の関係の在り方が改めて見えてくるものでもあります。

このホームページでは、私たち日蓮正宗青年僧侶改革同盟の著作である『仏事―常識と非常識』(潮出版社刊)を踏まえて、暮らしと深い関わりを持つ「仏事」についての知識を提供するものです。