日蓮正宗問題研究:フォーラム

遊蕩・酒色におぼれる僧侶たち

第2回
アジアで“花和尚”と笑われる日顕法主


平成16年11月、日顕法主が台湾で豪遊。現地マスコミは一斉に反発。有力テレビ局が軒並みニュース番組で「シアトル事件」や「芸者写真事件」を大々的に取り上げ、「日本の花和尚(ハレンチ坊主)」「食肉飲酒の法王」といった辛らつなテロップとともに、日顕法主の醜悪な正体を暴きました。

 
 

 

前の回へ左矢印  右矢印次の回へ