現代の大石寺門流における唯授一人相承の信仰上の意義

――三大秘法義の理論的公開過程に関する考察を踏まえて――

青年僧侶改革同盟 松岡幹夫

『東洋哲学研究所紀要』第二〇号(二〇〇四年十二月発刊)掲載。
(PDFファイルになっていますが、若干加筆訂正してあります。文責:編集部)


  • その1  (PDF 219k)
    1.  現今の血脈論争の盲点
    2.  大石寺門流の信仰における唯授一人相承の意義
    3.  日寛が金口相承の三大秘法義を理論的に開示した理由
  • その2  (PDF 274k)
    4.  日寛教学にみる三大秘法義の理論的開示の諸相
    5.  現代における三大秘法義の理論的公開
  • その3  (PDF 237k)
    6.  民衆の本尊証得における法主の介在の不要化
    7.  法体相承について
    8.  僧宝論への影響
    結語